よくある質問

エントリーについて

長浜市内で撮影しなければいけないですか?
[A]わたしだけが知っている長浜部門は、長浜市内での撮影は必須ではありませんが、長浜にまつわる歴史や文化、イベント、伝統、風景、地場産物、人や暮らしに関することなどを題材として、長浜の魅力をアピールする映像を撮影してください。
[B]アート部門、[C]無声動画一般部門は、テーマ・場所共にフリーです。クリエイティブな作品をお待ちしています。

「アート」部門は、アート作品の紹介ですか?
アート作品だけに限らず、モノを作っている過程も含みます。また、自然の風景や建物、町なかで見つけたモノなど、「これ、美しいなー!」「ユニークだな!」と思ったものはすべて「アート」部門の対象です。
既成概念にとらわれず、自由な発想であなたがアートだと感じるものを撮影ください。

無料で応募できますか?
応募は無料ですが、作品制作費および応募に関わる費用は応募者の負担となります。

ビデオカメラなどの撮影機材を使用しなければならないですか?
ビデオカメラなどの機材を使用せず、お手元のスマートフォン等を使用し撮影、アプリを活用し編集して応募していただくことも可能です。

通行人など他人が写っていても大丈夫ですか?
出演者以外の方が映っていても応募は可能です。しかしながら、あきらかに人物を特定できるくらい映り込んでいる場合は、その方から応募(使用)の許諾を得る必要があると思われますので、ご注意ください。
※応募の際は、必ず募集要項の注意事項をご確認ください。

BGMを挿入したいのですが、注意点を教えてください。
オリジナル楽曲または著作権フリーの音楽でお願いします。市販CDなどの音源を使ったり、リミックスしたりする場合は、著作権上の使用許諾が必要です。著作権フリーでない音源を使用許諾なしに使用された応募作品は失格となりますのでご注意ください。
バックミュージック等で使われる著作権フリーの音楽は、販売もされていますし、インターネットからダウンロードすることも可能です。
(「フリー」、「音楽素材」、「著作権フリー」、「無料ダウンロード」などで検索し、探してください。無料でダウンロードできるものが著作権フリーであるとは限りませんので、必ず著作権フリーであることをご確認ください。)

など


応募作品・入賞作品の利用方法を教えてください。
応募作品は、インターネット動画共有サイト「YouTube」での公開、スタジオこほくでの放送、その他イベント等、市の広報活動で使用する場合があります。その際、応募者名(団体名)および作品名等を公開する場合がありますので、ご了承ください。