no61 cm風縦アニメ「誰かにとっての」

 
     
投稿者:鐘崎裕大
     
コメント
架空のアパレル会社cmをイメージしつつ
こどもの頃に感じた「カッコいい」
に焦点を当てた物語です。
あの頃の彼らはどこに行ってしまったんだろう。
大人になった自分は、彼らのように
カッコよく生きているだろうか?
今日の自分は誰かにとってのカッコいいに
なれているだろうか??

関連記事

  1. No.12 大阪府赤十字血液センター「60年代」篇

  2. No.48 優希、全国47曲作る旅

  3. No.04 NEW HERO ガバ・ライダー・セロトニン CM動画

  4. No.38 最強のバイク 世界のカブ

  5. No.26 TOKYO 2020 OLYMPIC GAMES

  6. No.51 第一次産業はポップカルチャーなのか?