no61 cm風縦アニメ「誰かにとっての」

 
     
投稿者:鐘崎裕大
     
コメント
架空のアパレル会社cmをイメージしつつ
こどもの頃に感じた「カッコいい」
に焦点を当てた物語です。
あの頃の彼らはどこに行ってしまったんだろう。
大人になった自分は、彼らのように
カッコよく生きているだろうか?
今日の自分は誰かにとってのカッコいいに
なれているだろうか??

関連記事

  1. No.12 大阪府赤十字血液センター「60年代」篇

  2. No.23 びわ湖の花火

  3. No.03 笑い愛~おとうさん編~

  4. No.48 優希、全国47曲作る旅

  5. No.04 NEW HERO ガバ・ライダー・セロトニン CM動画

  6. No.51 第一次産業はポップカルチャーなのか?