No.44 Relay of Shokunin

 
     
投稿者:仕立屋と職人
     
コメント
今年で創業100年を迎えたるタケツネは、江戸中期より絹の最高級白生地・輪奈ビロードをつくり続けてきた。
その間多くの機屋がのれんを下ろなか、長浜で輪奈ビロードを織る機屋はタケツネだけとなった。

「これが長浜の文化だ。」
タケツネは自ら造り上げてきた文化に無限の可能性を見出し挑戦することをやめない。

タケツネの現場や職人の見えざる姿、職人たちの言葉、哲学をより多くの人に"新しいカタチ"で届けたい。
そう思い、新たなShokunin像を映像の中に切り取った。

株式会社タケツネ 仕立屋と職人

関連記事

  1. no56 舌先の長浜

  2. No.25 VR! 長浜はスノボができる!!

  3. no62 Holidays in Nagahama〜行かないと損な町〜

  4. No.31 アジアの観光客が長浜で

  5. No.40 The Sights of Nagahama 長浜の名所

  6. no63 SL北びわこ号