No.25 believe

 
     
投稿者:井上裕季子
     
コメント
新型コロナウイルスの感染流行が長く続くことで、以前のような生活に戻れず、不安や、ストレスを感じている方も多いのではないでしょうか?この作品はコロナ禍と向き合うあるろう者の実体験を描いたものです。2021年今なお現在もダムの放流は中止されています。明日を信じ、ダムの放流再開を信じるあるろう者の姿が、コロナ禍を生きる私達に勇気を与えてくれます。
私は年齢、性別、障害の有無、言語、文化 等の違いに関わりなく全ての人が地域社会の一員として尊重され、理解し支え合う社会を希望します。

関連記事

  1. No.10 The sound of a stream

  2. No.7 見続けよ!一番身近な場所にアートがあることを忘れてはいけない

  3. No.3 入場券

  4. No.1 トンネルを抜ければ○○だった!?

  5. No.24 かまくら

  6. No.20 EYES